腰痛、ぎっくり腰でお悩みの方へ。腰痛の基礎知識・治療法・・・

腰痛・ぎっくり腰の治療(治し方) 

腰痛・ぎっくり腰の治療(治し方)
                       

腰痛について

ぎっくり腰について

腰痛の種類

その他

HOME腰痛のブロック療法
 
 

腰痛のブロック療法

 腰椎椎間板ヘルニアのときに行われる注射には、トリガーポイント注射、坐骨神経ブロック、硬膜外ブロック、神経根ブロックなどがあります。腰の筋肉や、神経の周囲に、麻酔薬やステロイド剤を注入して、神経伝達路を遮断(ブロック)することにより、痛みを抑えるものです。即効性があるとともに、何回か繰り返すうちに、炎症が軽快し、痛みが消失することもあります。ただし、ヘルニアそのものを小さくする方法ではありません。

 トリガーポイント注射とは、脊柱の両脇の脊柱起立筋などの部位で、押して痛みを感じるところに麻酔薬を注入する方法です。

 坐骨神経ブロックとは、坐骨神経の走行に沿った圧痛点を探し、その周辺に局所麻酔剤を注入することによって痛みを和らげる治療です。

 硬膜外ブロックは、脊髄を取り囲んでいる硬膜の外側に麻酔薬やステロイド剤を注入します。トリガーポイント注射や坐骨神経ブロックで効果がみられない場合などに行いますが、いずれも直接的に神経sに薬が達するわけではないので、効果には限界があります。

 神経根ブロックは、ヘルニアにより圧迫を受けている神経の枝に、選択的に薬を注入する方法です。レントゲン画像をモニターで見ながら、標的の神経根を見定めて、薬を注入するものです。そのため、手技に精通した医療機関でなければ行うことができません。


腰痛の基礎知識


急性の腰痛は安静に

心の病が原因の場合も

受診が必要な場合

長時間同じ姿勢を続けない

さまざまな治療方法

肥満は腰痛の大敵

腰痛は現代の国民病

正しい姿勢で生活を

腰痛の保存療法とは

精神的ストレスをためない

腰にいい寝方、寝具

女性の腰痛について

腰痛に用いる薬

生理と腰痛

腰痛の牽引治療

妊娠中の腰痛

腰痛とマッサージ

産後の腰痛

腰痛のブロック療法

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰痛の手術療法

腰椎すべり症とは

加齢による脊椎の変形

腰部脊柱管狭窄症とは

腰に負担がかかる姿勢

骨そしょう症とは

さまざまな病気が引き金に


 




▲pagetop