腰痛、ぎっくり腰でお悩みの方へ。腰痛の基礎知識・治療法・・・

腰痛・ぎっくり腰の治療(治し方) 

腰痛・ぎっくり腰の治療(治し方)
                       

腰痛について

ぎっくり腰について

腰痛の種類

その他

HOME>ぎっくり腰と体操


ぎっくり腰と体操

 ぎっくり腰になったら、ともかく安静にしていることが一番です。痛みのある急性期に体を動かすと逆効果です。安静にしている期間はだいたい2〜3日くらい、長くても5日間程度です。痛みがあるうちに体操などを行うと、症状が悪化す場合があります。痛みが引いてきたら、体幹を大きく動かさない体操から初めていくとよいでしょう。勢いをつけずに時間をかけて腰の回りの筋肉を伸ばしていきます。

ヒップリスト体操

 ひざを立てて仰向けに寝た姿勢で、腰を20〜30cmほど持ち上げます。その姿勢で5秒保ちます。それを10〜20回行います。息をゆっくり吐きながら、背中の筋肉が緊張していることを意識しながら行うと良いでしょう。激しい痛みやしびれを感じたら、その手前で止めます。

シットアップ体操

 ぎっくり腰は床の上にひざを立てて仰向けに寝ます。自分のおへそをのぞきこむように、肩を10〜20cm浮かせ、その姿勢で5秒保ちます。上半身を起こしきる必要はありません。10〜20回行います。呼吸を止めずに、息をゆっくり吐きながら力を入れて、腹筋の筋肉が緊張していることを意識しながら行うと良いでしょう。激しい痛みやしびれを感じたらその手前で止めます。

 ぎっくり腰を改善するサポーター(楽天)
LEぎっくり腰おたすけベルト肌色LL(骨盤ベルト/サポーター/腰痛) upup7
価格3,170円 (税込 3,423 円) 送料別
リーダー ぎっくり腰おたすけベルト S?Mサイズ(1コ入)【リーダー】[サポーター コルセット]【送料無料】
価格3,315円 (税込 3,580 円) 送料込
その他、ぎっくり腰のサポーターはこちら

ぎっくり腰の基礎知識

楽な姿勢で安静を保つ 予防にはウォーキング
患部を冷却する ぎっくり腰と体操
ある程度痛みが軽くなったら なぜ、ぎっくり腰は繰り返す
ぎっくり腰の症状 コルセットの効果
ぎっくり腰の原因 体の冷えとぎっくり腰
ぎっくり腰になりやすい人は 腰痛予防に水中ウォーキング
ストレスからぎっくり腰になる ぎっくり腰の応急処置は
専門家の診察を受ける ぎっくり腰の手術
「民間療法」は保険がきかない

くしゃみとぎっくり腰

ぎっくり腰を予防する動作 ぎっくり腰の再発防止





▲pagetop