初めて猫の世話をする
 




前の飼い主さんからトイレ砂やフードなどをもらう
 子猫は早く新しい環境になれるために、引き取るときには前の飼い主さんやショップから、排泄物のニオイがついたトイレ砂や、食べ慣れているフード、猫自身のニオイがついた布類やおもちゃなどをもらうと子猫も安心します。



【1週間は部屋を決めて自由にさせる

 新しい環境にビクビクしている子猫を、可愛いからと必要以上にかまったり、触ったりするのはよくありません。

 家についたらキャリーケースに入れたままか、または生活スペースを決めて、その中に入れ、食事とトイレ以外は、自由にさせるようにします。




【食事をあげて様子を見る

 食べ慣れていたフードを、前の飼い主さんなどが与えていた時間帯に少量あげてみます。食べるようなら体重にあった量を与えます。

 食べない場合は警戒しているので、ものかげやキャリーケースの中など、人の目が届かない場所において様子をみます。



【トイレに連れて行く
 自由に歩かせているときや、食事のあと、部屋の隅や床のニオイをクンクンかいだり、あたりをキョロキョロ見回して落ち着かない様子だったらトイレの合図です。

 子猫の排泄物のニオイのついたトイレ砂を混ぜたトイレに、誘導したり、抱いて連れて行きます。排せつ中はネコが警戒するので、はなれて見守ります。




【眠そうなら寝床に連れて行く】
 子猫は眠くなると動きが少なくなり、反応もにぶくなり、一箇所にとまっていたり遊ばなくなります。そんなときは寝床に誘導します。

 自由に歩かせているときに、部屋のどこかで寝てしまったら、抱っこして寝床へ連れて行きます。寝床は30〜35度くらいに保温されているのがベターです




【快適な子猫の生活スペースは】
 居間や食堂などの家族が集まるにぎやかな場所でなく、そのとなりくらいの、観察しやすい場所がベストです。出入り口やテレビのそばなどは落ち着かないので避けるようにします。


ベッドはコーナーに置く
 寝床はベッドでも、ダンボールやキャリーケースに毛布などを入れたものでもOKです。寝床は壁際のコーナーに接するように置くようにするのがいいでしょう。ベッドには前の飼い主さんからもらった布類があればベストです。


トイレには排泄臭の付いた砂を混ぜておく
 前の飼い主さんなどからもらったトイレの砂を混ぜておきます。自分の排泄臭がすると、子猫はその場所をトイレと認識して、教えなくてもそこでするようになります。


寝床は母親の体温に近づけて
 子猫は母猫にくっついて体温を保持します。寝床もペット用ヒーターを間接的に敷くなど、母猫の体温に近い30〜35度Cくらいに調整をします。


食事は落ち着ける場所で
 人の視線がある騒がしい場所では、子猫は警戒して食事をしません。囲ったスペースの中など、落ち着ける場所で食事を与えるようにしましょう。

 



 
 
   
 子猫の飼い方  猫の不思議な行動  猫が年をとったら
 子猫  猫うしろ姿  上を向いた猫
子猫を迎える準備 猫のからだ ネコの老化のサイン
猫を手にいれるには 猫の食事 猫の寿命はどれくらい
初めて猫の世話をする 猫に食べさせていけない物 老猫の最適なスペース
生後1ヶ月未満の子猫のお世話 猫の不思議な行動 老猫の日々のケアは
子猫の食事 猫の習性 老猫が喜ぶマッサージのツボ
子猫のしつけ しぐさで気持ちがわかる 老猫が喜ぶ食事
子猫が喜ぶ触り方 猫は遊びが仕事 老猫がかかりやすい病気
顔周りのお手入れ 猫は縄張り意識が強い 老猫の介護の仕方
子猫の健康チェック しっぽの振り方のいろいろ 薬の飲ませ方
感染症の予防 上手な抱き方、なで方 いろいろな老猫用グッズ
去勢手術と不妊手術 猫が嫌いなことは 後悔しないお別れをするには
思わぬ事故を防ぐ 猫と一緒に出かける いろいろな葬り方
子猫の健康管理 猫に留守番をさせる ペットロスと向き合う
他のペットとの同居
     
 猫の病気のサイン    
     
おしっこが出ない ごはんは食べるのにやせる 歩くとよろける
おしっこの色がおかしい けいれんをおこす 頭をふる、かたむける
うんちが出ない 毛づやが悪い 鼻みずがでる
うんちがゆるい 毛がぬける、フケが出る くしゃみ・せきがでる
吐く 呼吸があらい よだれがでる
熱がある 水をたくさん飲む 目をこする
おなかがふくれる 体をしきりにかく・かむ
ごはんを食べない じっとうずくまる こんな時はすぐ病院へ